光回線トラブルもあるの?

wimaxの申し込みは、クーリングオフの対象外となっています。
というわけですので、慎重に考えた上で契約をしてください。
契約したとたんすぐに解約をすると、解除料や違約金といった種類の費用を徴収されます。
簡単にいうと、携帯電話と同じようなシステムと思っていいのです。
ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に関したトラブルが多くなってきています。
こういったことを受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明確にしました。
プロバイダを変更してキャンペーンのキャッシュバックを受領しました。
新しく契約したプロバイダもスピードが速くサクサクとした動作でストレスなく動いてくれるので、不便だと感じることはあまりなく、変えて正解だったなという思いを抱いています。
お得な特典がついている期間だったら、プロバイダの変更に踏み切ってみるのもいい結果を導くかもしれません。
我が家は、もう少しというところでwimaxのエリアに入っていません。
wimaxは外出先でも使うことが可能だし、動画を試写するのにも問題なく操作できる速度なので、なるべくならば申し込みたいのです。
転居する予定はないため、これから、エリアが広がってくれることを強く希望しています。